• 印刷する

屋外で民主化運動記念式典、平和的ムードに

ミャンマーの最大都市ヤンゴンで8日、1988年8月の民主化要求デモを記念する式典が行われた。31年目にあたる今年は、中心部にある公園を会場に初めて屋外で実施。より開放された平和的なムードの中、デモ当時の学生リーダーらが民主化のいっそうの推進を訴えた。アウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は昨年に続き、顔を見せなかった。

会場には、午前8時ごろから活動家のグループが集まり、「8888」と描いた花輪を飾り、地面に花を捧げたり、歌を歌ったりして犠牲者を追悼した。記念式典は9時半ごろから始まり、デモ当時の学生リーダー、ミン・コー・ナイン氏、新政党「人民党」を設立したコー・コー・ジー氏がスピーチ。ミン・コー・ナイン氏は「いかに独裁者が力を持ち、われわれを迫害しようとも、今日の日を通じて立ち上がることができる。すべての人に情熱を持って民主的な未来に進み続けようと訴えたい」と述べた。国民民主連盟(NLD)の関係者も出席した。

セキュリティーチェックなどを行わず、通りがかりの人を含めて自由に参加できるようにしたことで、よりリラックスしたムードになった。周囲には警察も待機したが、物々しい雰囲気はなかった。

会場には当時の写真を展示するスペースもあり、デモ当時は生まれていない若者世代らが興味深そうに見入った。中部エヤワディ管区からやってきた女子学生、イー・モン・トゥさん(17)は「当時の歴史を深く知りたい。式典に参加するのは初めてだが、とても楽しみにしていた」と話した。

初めて屋外で行われた式典に集い、記念撮影する市民=8日、ヤンゴン(NNA)

初めて屋外で行われた式典に集い、記念撮影する市民=8日、ヤンゴン(NNA)


関連国・地域: ミャンマー
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ICJ仮処分対応で初報告 人権団体は「不十分」と非難(05/26)

【ASEAN戦略】徳育や科学実験で市場取り込み 学研、域内で新規進出も検討(05/26)

財政赤字補てん、中銀からの借入比率が減(05/26)

製造業への認可件数が1割増、19年度(05/26)

【日本の税務】消費税の免税について(05/26)

マグウェー、工場など1000カ所が営業再開(05/26)

治癒者6割超、累計201人のまま=25日午前(05/26)

「アビガン」100人分、日本から引き渡し(05/26)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン