中銀2会合ぶり利下げ、物価上昇鈍化で

フィリピン中央銀行は8日に金融政策決定会合を開き、政策金利を4.25%に引き下げた。下げ幅は0.25%で、2会合ぶり。物価上昇率が鈍化していることから利下げに踏み切った。2019年4~6月期(第2四半期)の国内総生産(GDP)成長率が減速したことから、さらなる緩和で景気を…

関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融


その他記事

すべての文頭を開く

軽症者隔離へ施設拡大急ぐ 13万人に対応、コロナ感染抑制(10/02)

コロナ感染新たに2415人、計31万4079人(10/02)

国民の8割、外出時にマスク着用=SWS(10/02)

中銀、2会合連続で政策金利据え置き(10/02)

1人当たり純金融資産は世界35位、19年調査(10/02)

中銀、政府に5400億ペソの追加支援(10/02)

ICカード「ビープ」無料配布へ、運輸省(10/02)

日本にオクラ輸出、農家の収入向上支援(10/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン