• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの伝統武術…

インドネシアの伝統武術、プンチャックシラット。タイのムエタイ、香港のカンフーや中国武術と並んで、いま米映画界で話題になっている格闘技だ。

最近公開されたハリウッドアクション映画では、プンチャックシラット使いのインドネシア人俳優2人が出演。役名が「ニンジャ1」「ニンジャ2」というのは、アメリカンジョークかもしれないが、2人は白人の主人公と迫力満点の殺陣を繰り広げた。主人公に向かってインドネシア語で話すところでは、国内はもちろん隣のマレーシアでも劇場が沸いたという。

アジアの伝統武術は米映画界で広く受け入れられている。日本のチャンバラだって形を変えていろいろな映画に登場した。今後もアジアアクションが銀幕をにぎわすのは映画ファンとしては楽しみだ。しかしこれらを受け入れる米映画界。懐の深さに感心する。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

南スラウェシのタカラル工業団地、開発加速(18:14)

炭鉱34社、最大3千万トンの増産を申請(15:49)

ボゴール市、脱ミニバスでトラムに移行(13:57)

女性の結婚19歳からに、婚姻法改正法が可決(18:52)

テイクオフ:「ここの特産品はなんで…(09/17)

小型MPVの新モデルを発表 トヨタとダイハツ、販売維持目標(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

8月の貿易収支、2カ月ぶりに黒字化(09/17)

来年の最低賃金上昇率、7%台に低下も(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン