• 印刷する

テイクオフ:インドネシアの伝統武術…

インドネシアの伝統武術、プンチャックシラット。タイのムエタイ、香港のカンフーや中国武術と並んで、いま米映画界で話題になっている格闘技だ。

最近公開されたハリウッドアクション映画では、プンチャックシラット使いのインドネシア人俳優2人が出演。役名が「ニンジャ1」「ニンジャ2」というのは、アメリカンジョークかもしれないが、2人は白人の主人公と迫力満点の殺陣を繰り広げた。主人公に向かってインドネシア語で話すところでは、国内はもちろん隣のマレーシアでも劇場が沸いたという。

アジアの伝統武術は米映画界で広く受け入れられている。日本のチャンバラだって形を変えていろいろな映画に登場した。今後もアジアアクションが銀幕をにぎわすのは映画ファンとしては楽しみだ。しかしこれらを受け入れる米映画界。懐の深さに感心する。(角)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ボゴール市のPSBB、6月4日まで延長(20:25)

ライオン航空、国内線を月末まで運航停止(19:57)

コロナワクチン、来年3月の生産開始を目標(19:58)

産業用ガス、11社へ優遇価格で販売(19:58)

テイクオフ:インドネシアで昨年9月…(05/27)

軍・警察が衛生順守を徹底 PSBB解除後の新常態へ(05/27)

スラバヤ一帯PSBB再延長、6月8日まで(05/27)

経済調整省、27日から事務所勤務を限定再開(05/27)

1~3月の経常収支、赤字幅が5割縮小(05/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン