土壌浄化市場に熱視線 エンバイオ、22年に売上1億元へ

中国政府による環境規制で企業の生産活動への締め付けが強まる中、土壌調査や浄化工事を手掛けるエンバイオ・ホールディングス(エンバイオHD、東京都千代田区)が、この動きを逆手にとって商機をつかんでいる。土壌の汚染対策や修復の受注を伸ばし、中国子会社は設立から2年で…

関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 化学建設・不動産サービスマクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:2月初めに冬の京都を訪…(02/19)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(18日正午)(02/19)

イオン、日本の食卓への挑戦 越産「万能ナマズ」の出世(下)(02/19)

自動車各社がマスク生産 本業再開で自給、設備も自作(02/19)

【スタートアップの挑戦】子ども向けロボット教室展開 FCで3年以内に1000カ所目指す(02/19)

香港などへの渡航制限緩和 比人の出国可能に、出稼ぎ者配慮(02/19)

新型肺炎影響で小売業不振 業界団体、賃料の一部返還要請(02/19)

1月の自動車部品輸入額、完成車の3倍(02/19)

対米報復関税の除外、全品目で申請受け付け(02/19)

中国軍事基地の建設疑惑、否定する報道も(02/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン