• 印刷する

二輪ヒーロー、自宅配送を25都市に拡大へ

インドの二輪車最大手ヒーロー・モトコープは、二輪車の自宅配送サービスを向こう数カ月で25都市に段階的に拡大する計画を明らかにした。販売・アフターセールス・部品事業の責任者を務めるサンジャイ・バン氏の話として、PTI通信が4日に伝えた。

配送料は349ルピー(約530円)で、ヒーローのウェブサイトから登録する。配送先は顧客の要望に合わせ、自宅以外へも届ける。現在は西部ムンバイ、南部ベンガルール(バンガロール)、北部ノイダの3都市で展開している。

バン氏によると、電子商取引(EC)事業への取り組みは同業ではヒーローが初めて。「若年層が付加価値のあるサービスを求める中で、ブランドもそれに戦略的に応える必要がある」とした上で、今後もこうしたサービスを展開していく意向を示した。


関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信小売り・卸売りサービス

その他記事

すべての文頭を開く

6月の乗用車販売、スズキが5割減まで回復(07/03)

下期景気、4割が上向き予想 日系企業、制限緩和で底打ち期待(07/03)

6月の二輪販売、3社が3~4割減まで回復(07/03)

インドの中国製品排除に反発、商務省(07/03)

中国発の貨物、通関手続き再開(07/03)

物流DHL、中国からの輸出貨物集荷停止(07/03)

デリー空港、通関で書類不要の新システム(07/03)

ボーダフォン、昨年度は1兆円の赤字(07/03)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン