• 印刷する

《日系進出》日本エスコン、バンコクでの住宅開発に参画

日本エスコンはタイ不動産開発大手オリジンが手掛ける住宅開発事業に参画する(オリジン提供)

日本エスコンはタイ不動産開発大手オリジンが手掛ける住宅開発事業に参画する(オリジン提供)

日本エスコンは2日、タイの不動産開発大手オリジン・プロパティーがバンコク東郊サムットプラカン県で進めている分譲住宅開発事業に参画すると発表した。同社にとって初の海外での分譲住宅開発事業になる。

開発する高層の分譲住宅「ナイツブリッジ・スクンビット―テパラック」の事業規模は13億バーツ(約45億2,300万円)。日本エスコンは子会社のエスコン ジャパン(タイランド)を通じて参画する。

開発地は、2021年開通予定の首都圏鉄道「イエローライン」のティパワン駅徒歩1分の場所にあり、地上36階地下1階で、474戸を供給する。21年4月に竣工(しゅんこう)する予定だ。

日本エスコンはこれまで新たな事業エリアとして海外での展開を検討してきたとした上で、バンコク首都圏の住宅市場は人口の増加や中間所得層の所得上昇などによって安定的に成長しており、今後も住宅需要の拡大が見込まれると説明した。

今回の参画とあわせて、投資運用会社マーキュリアインベストメントが出資し、バンコクで分譲マンション開発事業投資を行うメザニンファイナンスファンドのゲート・シティー・バンコク・メザニンファンドに出資したことも発表した。出資額は5億円相当を予定する。


関連国・地域: タイ日本
関連業種: 建設・不動産

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝、寝覚めに体重計に…(06/01)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

制限緩和第3弾、きょう実施 マッサージ店や映画館が営業再開(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

新規感染者4人、海外からの帰国者(31日)(06/01)

労働許可証の保有者、緊急用件で入国許可も(06/01)

4月の外国人旅行者はゼロ、入国禁止措置で(06/01)

各地のビーチがきょう再開、制限緩和受け(06/01)

王宮が6月4日に再開、観光客受け入れ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン