• 印刷する

中国系ゴールドAYA、現地組立車を発売

ミャンマーの中国系自動車メーカー、ゴールドAYAモーターズ・インターナショナル・グループはこのほど、第2の都市マンダレー郊外で組み立てた自動車の販売を開始した。向こう5年間で5万台を生産し、市場シェア10%を目指す。国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマー(電子版)が2日伝えた。

ゴールドAYAは、ミョータ工業団地に工場を建設。スポーツタイプ多目的車(SUV)、多目的車(MPV)、ピックアップトラックなど7車種、10モデルを生産する。最初のモデルとして、北京汽車(BAIC)のSUV「BAIC CHANGHE Q35」を発売した。

当初の生産能力は年5,000台。ただ、同社のジャッキー・ヤン氏は「5年以内に5万台生産する。ミャンマー国内の自動車生産台数の4割以上、販売シェア10%以上の獲得を目指す」と表明。「東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国へも輸出していく」と述べた。

ゴールドAYAは、中国・雲南省昆明を拠点とする星耀集団(シャイニングスター・グループ)が2017年、中国の現代版シルクロード経済圏構想「一帯一路」に沿う事業戦略の一環として設立した。18年3月にミャンマー投資委員会(MIC)の認可を取得し、3,000万米ドル(約32億円)を投じてミョータ工業団地に工場を建設した。同工場の従業員は現在138人で、うち113人がミャンマー人という。


関連国・地域: 中国ミャンマー
関連業種: 自動車・二輪車

その他記事

すべての文頭を開く

ミャンマーの電化率が50%に 目標達成、あと10年余で100%へ(12/10)

スー・チー氏がICJへ出発、10日から公聴会(12/10)

台湾系主導のタンタビン工業団地、開発進む(12/10)

中国外相が来訪、ラカイン支援などを協議(12/10)

中国銀聯、非接触型とQR決済で顧客拡大へ(12/10)

アンコール遺跡―バガンの直行便案が再浮上(12/10)

ヤンゴン空港、今年の利用者600万人達成(12/10)

ヤンゴンバス、10~11月事故38件で死亡10人(12/10)

仏塔が建造当時の白色に、軍政期に塗り替え(12/10)

【ミャンマー進出関連法】輸出/輸入会社に関する小売り・卸売りの登録に関する通知 第218回(12/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン