• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの最低賃…

オーストラリアの最低賃金は世界一高い。今年7月からはさらに3%引き上げられ、時給19.49豪ドル(約1,398円)に達している。

そんな中地元メディアが、建設現場で「止まれ」などの標識を持って立っている交通誘導員の時給がなんと100豪ドルだと報じていた。看護師などの時給の約4倍で、年収では10万豪ドルもくだらない。高収入の理由は、危険な場所で長時間労働を強いられるからだとか。肉体労働を伴わないため女性が多くを占め、中には教師をやめて交通誘導員に転職した人もいるらしい。

仕事を選ぶ際、やりがいか給与かの2択を迫られジレンマに陥ると言われることもあるが、子どもの将来に携わる教師よりも「立っているだけで6けた収入」になびいてしまうのはやるせない。人気職業に交通誘導員がランクインする日が来る? まんざら夢見事とも言えない。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:コンサル会社ヘンリー&…(10/18)

豪9月失業率、5.2%に改善 追加利下げ回避には至らず?(10/18)

豪議会、インドネシア・香港とのFTA批准へ(10/18)

豪日産、EVソーラー充電の研究開始(10/18)

大日本住友製薬、豪医薬品企の買収案取下げ(10/18)

豪オンライン販売、21年に19%に拡大=EY(10/18)

小売大手リジェクトショップ、3年ぶり好業績(10/18)

アフターペイ、規制リスクが増加=UBS(10/18)

豪政府、通信業界に本人確認強化を強制へ(10/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン