• 印刷する

テイクオフ:オーストラリアの最低賃…

オーストラリアの最低賃金は世界一高い。今年7月からはさらに3%引き上げられ、時給19.49豪ドル(約1,398円)に達している。

そんな中地元メディアが、建設現場で「止まれ」などの標識を持って立っている交通誘導員の時給がなんと100豪ドルだと報じていた。看護師などの時給の約4倍で、年収では10万豪ドルもくだらない。高収入の理由は、危険な場所で長時間労働を強いられるからだとか。肉体労働を伴わないため女性が多くを占め、中には教師をやめて交通誘導員に転職した人もいるらしい。

仕事を選ぶ際、やりがいか給与かの2択を迫られジレンマに陥ると言われることもあるが、子どもの将来に携わる教師よりも「立っているだけで6けた収入」になびいてしまうのはやるせない。人気職業に交通誘導員がランクインする日が来る? まんざら夢見事とも言えない。(岩下)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

世界コロナ対策の有効性、豪3位・NZ9位(18:24)

NEC、豪日間の海底ケーブル敷設を完工(18:24)

豪、再生ごみ処理能力拡大でファンド創設(18:24)

SARS教訓と統率力で抑制 台・越に高評価、新型コロナ対応(07/06)

テイクオフ:オージーの友人の奥さん…(07/06)

【特別インタビュー】住宅業界から経済復興を 豪住宅産業協会インタビュー(07/06)

シドニーとメルボ、オフィス実質収入が減少(07/06)

VIC州で感染急増、都市封鎖を拡大へ(07/06)

シドニー空港、1日の国際旅客受入を450人に(07/06)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン