• 印刷する

在留資格「特定技能」、宿泊業を先行へ

ミャンマー労働・移民・人口省は、日本の新たな在留資格「特定技能」の申請受付を開始すると発表した。対象14業種のうち「宿泊」を先行し、試験は10月に実施される。

1日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーを通じ、公示した。特定技能を持つ人材を募集するのは、介護やビルクリーニングなどの14業種。技能評価試験と日本語能力試験に合格することか、技能実習生として3年間の実習を修了していることなどが条件となる。

二国間の協力覚書(MOC)により、特定技能の在留資格を取得したミャンマー人は最長で5年間日本に滞在できる。

日本への労働者の送り出しには、労働省からの認定が必要。認定送り出し機関の詳細は、同省ホームページで公開される予定だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

8月の対中輸出、6割増 北部同盟の襲撃後もなお勢い(10/17)

ヤンゴン新都市開発、土地収用の補償開始(10/17)

東南アジアの訪日者、9月は21%増と好調(10/17)

アパレル専用工業団地、2都市に開設計画(10/17)

香港系Vパワー、緊急発電事業4件を落札(10/17)

ヤンゴン―タウングーの10駅、国鉄が改修へ(10/17)

カチン州の橋りょう建設、事業化調査が始動(10/17)

18年度の農産品輸出、14%増の32億ドル(10/17)

コメ連盟、最低競売価格を来夏まで据え置き(10/17)

連邦議会、11月4日に再開(10/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン