• 印刷する

在留資格「特定技能」、宿泊業を先行へ

ミャンマー労働・移民・人口省は、日本の新たな在留資格「特定技能」の申請受付を開始すると発表した。対象14業種のうち「宿泊」を先行し、試験は10月に実施される。

1日付国営紙グローバル・ニュー・ライト・オブ・ミャンマーを通じ、公示した。特定技能を持つ人材を募集するのは、介護やビルクリーニングなどの14業種。技能評価試験と日本語能力試験に合格することか、技能実習生として3年間の実習を修了していることなどが条件となる。

二国間の協力覚書(MOC)により、特定技能の在留資格を取得したミャンマー人は最長で5年間日本に滞在できる。

日本への労働者の送り出しには、労働省からの認定が必要。認定送り出し機関の詳細は、同省ホームページで公開される予定だ。


関連国・地域: ミャンマー日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務政治

その他記事

すべての文頭を開く

腐敗認識指数、ASEANは5カ国で改善(01/24)

YRTA、バスターミナル候補地を選出(01/25)

山万がヤンゴンでホテル開業 日本人に照準、介護人材の育成も(01/24)

〔寄り道〕日本ではうちわ配布が政治家の犯罪に…(01/24)

ICJ、迫害につながる行為停止を命令(01/24)

国軍、ロヒンギャ迫害関与者の処罰を表明(01/24)

KBZ銀、港湾運営会社を債務不履行で提訴(01/24)

縫製業者協会、最賃案7200チャットに懸念(01/24)

NTTがミャンマー法人の営業を開始(01/24)

日本人の観光ビザ免除、23年まで延長へ(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン