• 印刷する

スー・チー氏、早期のダウェー開発に意欲

河野太郎外相(左)と握手を交わすスー・チー氏。共同記者会見ではティラワ経済特区の成功を指摘し、ダウェー特区開発を急ぐ意向を示した=7月31日、ネピドー(国家顧問省提供)

河野太郎外相(左)と握手を交わすスー・チー氏。共同記者会見ではティラワ経済特区の成功を指摘し、ダウェー特区開発を急ぐ意向を示した=7月31日、ネピドー(国家顧問省提供)

ミャンマーのアウン・サン・スー・チー国家顧問兼外相は7月31日、首都ネピドーを訪れた河野太郎外相との会談後に共同記者会見に臨み、日本とタイが支援する南部タニンダーリ管区のダウェー経済特区(SEZ)について早期に開発に着手したい意向を示した。ミャンマー・タイムズ(電子版)が1日伝えた。

スー・チー氏は、日本の官民が支援する最大都市ヤンゴン近郊のティラワSEZが、企業に利益をもたらすとともに雇用を創出していることに触れ、「他の州・管区もティラワSEZの成功を参考にしており、同様の工業団地を開発したいと考えている」と説明した。

ミャンマー国内にはティラワ以外のSEZとして、中国が主導する西部ラカイン州沿海部のチャウピューSEZと、ダウェーSEZがあるが、いずれもまだ計画段階にとどまる。スー・チー氏は、このうちダウェーSEZの開発加速に意欲を表明した格好だ。

ダウェーSEZは当初、重化学工業を中心に企業を誘致する計画だったが、日本政府は最近になって、まずはメコン地域とインドを結ぶ物流拠点として整備する方針に転換しており、ミャンマーおよびタイ側との調整が行われる見通しだ。


関連国・地域: タイミャンマーインド日本
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済政治

その他記事

すべての文頭を開く

コロナ下で安定操業が継続 ティラワ、新たに2社が進出へ(07/17)

外国人による上場株取得、3万9千株に(07/17)

南部のエビ養殖・加工など、投資5件認可(07/17)

外国投資額が46億米ドルに、目標達成見通し(07/17)

非公開所得の税率引き上げ、来年度から(07/17)

新たな感染確認なし、累計337人=16日朝(07/17)

日本空調サービス、連結子会社の事業停止(07/17)

帰国者続き、政府のコロナ隔離施設ひっ迫(07/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン