東南ア新車販売、上期170万台 世界経済減速で通年横ばいへ

東南アジア諸国連合(ASEAN)8カ国の2019年上半期(1~6月)の新車販売台数は、前年同期から微増の170万台となった。大半の国がプラス成長だったが、2大市場の一つであるインドネシアの不振が足かせとなった。今年のASEANの新車市場は前年比でプラス成長となる見通し…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアシンガポールインドネシアフィリピンブルネイ
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

19年度タマネギ輸出、10万トン超で過去最高(14:23)

8月東南ア訪日客98.9%減、コロナ影響続く(15:51)

複合ケッペル子会社、韓国の年金基金と提携(15:41)

原産地の自己証明制度、ASEANで導入(15:41)

テイクオフ:菅政権が発足し、政策の…(09/21)

【ASEAN戦略】1年で域内顧客数2倍目指す スタディスト、コロナ下の変革(09/21)

日本とのビジネス往来再開、自宅待機免除(09/21)

企業トップ景況感、自国経済は比較的楽観視(09/21)

スマート都市ランク、2年連続で世界首位(09/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン