車部品、2桁成長も将来に不安 市場の減速続けば100万人が失職も

インドで昨年から続く自動車市場の減速が、部品産業の見通しに影を落としている。インド自動車部品製造協会(ACMA)によると、2018/19年度(18年4月~19年3月)の売上高は3兆9,590億ルピー(約6兆2,409億円)と前年度から14.5%増えたものの、成長率は鈍化した。完成車メー…

関連国・地域: インド
関連業種: 自動車・二輪車マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

下降局面の二輪車販売 回復は来年度から=ICRA(09/20)

電動二輪アザー、エントリーモデルの販売停止(09/20)

未曽有の経済危機に備えよ 投資家ジム・ロジャーズ氏が警鐘(09/20)

マルチスズキ、グ州の港からの輸出100万台超(09/20)

シュコダ現法、昨年度は6380万ルピーの赤字(09/20)

単一業種向けSEZ、複数業種対応に切替え(09/20)

VW金融部門、ネット融資代行と提携(09/20)

中央監視委、銀行不正の調査委を設置(09/20)

オープンセル関税撤廃は時限措置か=業界筋(09/20)

日用品業界の増収率、本年度は15年で最低に(09/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン