• 印刷する

Bグリム、フィリピンに再生エネの子会社

ドイツ系財閥Bグリム傘下のタイの発電会社Bグリム・パワーは23日、フィリピンに再生可能エネルギー開発関連事業を手掛ける子会社Bグリム・ソーラー・パワー・ルーフトップを設立すると発表した。

タイ証券取引所(SET)への報告によると、新会社は、資本金が2,500万ペソ(約5,300万円)で、Bグリムが間接的に全額出資する。

一方、同社はこの日、ベトナム中部で送電線に過重な負荷が掛かり、一部発電所からの送電に影響が出ているとの報道について、同社が運営する発電所への影響はないとする声明を発表した。南部タイニン省のザウティエン第1発電所、ザウティエン第2発電所、中南部フーイエン省の発電所とも正常運転を続けていると説明している。


関連国・地域: タイベトナムフィリピン
関連業種: 電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

帰国者の感染5人確認、累計304人=2日朝(13:01)

テイクオフ:タイの夜の産業が7月か…(07/02)

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

下着大手がネット販売に活路 店舗2カ月閉鎖で、マスク製造も(07/02)

コメ輸出規制が緩和、新型コロナ小康状態で(07/02)

入国後隔離は認定施設で、出張者対応も検討(07/02)

政府、特定国の商用客受け入れへ基準作り(07/02)

観光業の景況感、2Qは急落=観光協議会(07/02)

国内旅行振興策を閣議承認、780億円規模(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン