LNG輸入を22年にも開始へ 迫る電力危機、日本企業も布石

ベトナムの液化天然ガス(LNG)輸入計画が動き出した。向こう3年以内に電力危機が発生する見通しの中、同国初の受け入れ基地が2022年までに稼働する予定だ。専門家は、ガス火力発電所への投資が増え、ベトナムが東南アジア有数のLNG輸入国へと変貌することもあり得ると指摘…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア、入国制限の緩和検討 日本からの渡航本格化には時間(07/02)

ハノイのメトロ3号線、追加費用支払い問題(07/02)

鉄道総公社、20年は6千万ドル赤字見通し(07/02)

建設業界、6割以上が2Qに経営悪化(07/02)

富士康、ベトナム工場の宿舎建設か(07/02)

HCM市のオフィス賃料、減免の動き(07/02)

韓国デウォン、ハノイ韓国人学校の増築受注(07/02)

フォックスコン、北部で労働者住宅を計画(07/02)

アイカ工業、越のPU樹脂工場の取得完了(07/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン