LNG輸入を22年にも開始へ 迫る電力危機、日本企業も布石

ベトナムの液化天然ガス(LNG)輸入計画が動き出した。向こう3年以内に電力危機が発生する見通しの中、同国初の受け入れ基地が2022年までに稼働する予定だ。専門家は、ガス火力発電所への投資が増え、ベトナムが東南アジア有数のLNG輸入国へと変貌することもあり得ると指摘…

関連国・地域: タイベトナムミャンマーマレーシアインドネシアフィリピン日本
関連業種: 自動車・二輪車天然資源電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日本製紙、紙コップ生産3倍に ベトナム紙業界の最新動向(3)(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

ユニクロ2号店、ハノイに3月6日オープン(02/25)

2月の外国人航空旅客、新型肺炎で4割減(02/25)

バンブー航空、韓国便2路線の運航停止(02/25)

韓国からの入国、診断書の提示を義務化(02/25)

ベトナム航空、4月の中国便再開を視野(02/25)

韓国起点の新航路、越南北の主要都市に寄港(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン