6月の新規住宅ローン金利、3カ月ぶり下落

台湾の中央銀行(中銀)が23日に発表した政府系5銀行による新規承認住宅ローンの6月の平均金利は1.621%で、前月比0.001ポイント下落した。3カ月ぶりに前月を下回った。 加重平均金利は1.322%で、前月比0.151ポイント下落した。企業の運用資金や資本的支出(設備投資や研究開…

関連国・地域: 台湾
関連業種: 金融マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

大立光電、2.7億米ドルを台湾戻し入れ(18:00)

新型コロナ感染者、5日連続ゼロ(18:00)

テイクオフ:台湾では新型コロナウイ…(07/15)

コロナ後急速に経営正常化へ 企業の6割、「3カ月で回復」(07/15)

TSMCが封止投資、エコシステムを構築(07/15)

富士康、中国山西にスマホ生産ライン増設か(07/15)

国巨グループ、テスラ向け製品供給を拡大へ(07/15)

聯強、ゲーミング製品の売上は今年4割増へ(07/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン