• 印刷する

アヤラ物流不動産部門、同業ユニティを買収

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)は22日、地場同業ユニティ・リアルティ&デベロップメント(URDC)を買収したと明らかにした。事業基盤の強化が目的で、買収額は23億9,000万ペソ(約50億5,000万円)。23日付マニラタイムズなどが伝えた。

物流・工業不動産子会社アヤラ・ランド・ロジスティクス・ホールディングス(ALLHC)を通じ、URDCの全株式を取得し、完全子会社化する。URDCがパンパンガ州マバラカット市に持つ192ヘクタールの開発用地を活用し、工業団地を開発する。

ALLHCはマニラ市中心部の商業施設トゥトゥバン・センターを運営していることで知られる。今年2月には、ラグナ州とカビテ州で工業団地を開発・運営するラグナ・テクノパーク(LTI)の株式20%を、三菱商事から取得することで合意していた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 金融建設・不動産運輸

その他記事

すべての文頭を開く

マルコス政権に高い評価 経済政策「安定」、発足100日(10/07)

新政権の物価対策に期待、批判意見も(10/07)

マルコス氏の外交は「成功」、大学教授(10/07)

南北通勤鉄道、新たに建設4件発注(10/07)

8月失業率5.3%、コロナ後で最低水準(10/07)

トヨタ現法、中古車の新事業開始(10/07)

サンミゲル、イリハン発電所を2月再稼働(10/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン