75県・市で干ばつ被害、人工降雨も検討

インドネシアの国家災害対策庁(BNPB)は22日、同日までに国内7州の75県・市で、干ばつ被害が報告され、7州の55県・市で県知事令や市長令に基づき干ばつ緊急警報を出したと発表した。干ばつで農産物の収穫に影響が出ると懸念されることから、人工降雨など気象制御技術の活用…

関連国・地域: インドネシア
関連業種: 食品・飲料マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:首都の移転先は、東カリ…(08/19)

人材の質改善で競争力向上 20年予算案、教育費は3割増(08/19)

<資料>2020年度予算案と19年度予算(08/19)

企業銀行がIBKインドネシア銀行を設立へ(08/19)

首都移転先、大統領がカリマンタン島と表明(08/19)

2キロごとにEV充電設備設置、29年までに(08/19)

ホンダ四輪、7月販売台数は前月比84%増(08/19)

今週から石油天然ガス鉱区のデータ無料開示(08/19)

デジタル経済、24年にGDPの6.4%に貢献(08/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン