• 印刷する

米LNG企業、サンミゲル系企業に供給へ

米エクセレレート・エナジーは、液化天然ガス(LNG)の販売先として、フィリピンのコングロマリット(複合企業)サンミゲル・コーポレーション(SMC)系の発電企業を想定していることを明らかにした。22日付ビジネスワールドなどが伝えた。

同社はバタンガス州にLNG輸入基地を建設するプロジェクトへの参入を表明している。フィリピン・エネルギー省によると、エクセレレートは1月、バタンガス州沖合にLNGの浮体式貯蔵・再ガス化設備(FSRU)を建設する事業計画をエネルギー省に提出した。しかし、同省はLNGの販売先など補足資料の提出を求め、計画を承認していない。

LNG輸入基地の建設は、国内のガス火力発電所に燃料を供給してきたパラワン沖マランパヤ天然ガス田の枯渇が予想されることを受け、エネルギー省が進めている。

これまでに、エクセレレートのほか◇ロペス財閥系の発電大手ファースト・ジェンと東京ガスのコンソーシアム(企業連合)◇石油元売り大手フェニックス・ペトロリアム・フィリピンと中国国営の中国海洋石油(CNOOC)の企業連合◇オーストラリア証券取引所(ASX)に上場している香港資本のエナジー・ワールド(EWC)――が事業計画を申請済み。エクセレレートを除く3者は、いずれも承認されている。


関連国・地域: フィリピン米国
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:外出・移動制限措置の長…(04/14)

自動車業界に「三重苦」 コロナで工場停止、輸入車に課税(04/14)

新型コロナ、新たに8571人感染(04/14)

ドコモとスマート、5G国際ローミング開始(04/14)

3月新車販売88%増、前年の反動(04/14)

大統領「病気ではない」、健康問題払しょく(04/14)

中国製ワクチン、比は今後も使用継続(04/14)

マカティ市、ワクチン接種会場5カ所増設(04/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン