デリーでATM不正被害2900万ルピー、昨年度

インド準備銀行(中央銀行)によると、2018/19年度(18年4月~19年3月)の首都デリーにおける現金自動預払機(ATM)の不正引き出しの被害総額は約2,900万ルピー(約4,536万円)に上った。22日付タイムズ・オブ・インディア(電子版)が伝えた。 被害件数は179件で、17/18年度…

関連国・地域: インド
関連業種: 金融IT・通信マクロ・統計・その他経済社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北部ジャム・カシミール…(09/17)

テロ後のスリランカ、正常化へ 投資委が東京でセミナー(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

8月の卸売物価1.1%上昇、減速止まる(09/17)

HDFC銀、中企業向け貸付額で業界首位に(09/17)

道路省、カープール規制の草案を近日公開(09/17)

9月初旬までの国境貿易、前年比10億ドル増(09/17)

中古車販売が拡大、本年度は440万台見通し(09/17)

電動車両メーカー、二輪中心に50社に増加(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン