聯通、雄安新区にスマートシティー研究施設

中国3大通信キャリアの一つ、中国聯合網絡通信集団(中国聯通、チャイナ・ユニコム)が河北省保定市の新興開発地域、雄安新区で建設を進めていたスマートシティーの研究施設「中国聯通智能城市研究院」がこのほど開所した。河北新聞網が22日伝えた。 第5世代(5G)移動通信シ…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン駅開発で住商に打診 中国企業が連合脱落、再協議へ(09/19)

越の騒音・難聴問題に挑む リオン社長「国と新モデル構築」(09/19)

テイクオフ:大連の郊外で迎えた中秋…(09/19)

中国10社、46億ドル投資 ミ島に製鉄所、車両など幅広く(09/19)

中国勢がスマホシェア争い ネット販売加速、実店舗も強化(09/19)

減税額の地方トップは広東省 上半期統計、5省市で全国の5割(09/19)

違法滞在の中国人に反発、カイン州で対策委(09/19)

香港訪問の本土団体客、9月前半に9割減(09/19)

1~8月財政統計、税収は今年初のマイナス(09/19)

中国と国境画定へ共同調査、24年ぶり(09/19)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン