聯通、雄安新区にスマートシティー研究施設

中国3大通信キャリアの一つ、中国聯合網絡通信集団(中国聯通、チャイナ・ユニコム)が河北省保定市の新興開発地域、雄安新区で建設を進めていたスマートシティーの研究施設「中国聯通智能城市研究院」がこのほど開所した。河北新聞網が22日伝えた。 第5世代(5G)移動通信シ…

関連国・地域: 中国-河北
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

中老鉄路、ビエンチャン駅を着工(07/07)

首都3カ所に地下駐車場、中国系企業が計画(07/07)

外国人入国制限、早期解除を 中国・シンガポールなどで要望強く(07/07)

テイクオフ:中国のサスペンスドラマ…(07/07)

62%が「景気冷え込み」、2Qの企業家調査(07/07)

スマートドライブが現法設立(07/07)

香港の6月PMI、2年3カ月ぶり高水準(07/07)

2Qの経済成長率、プラス転換予想も(07/07)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン