• 印刷する

テイクオフ:ホテルインドネシア前の…

ホテルインドネシア前のロータリーにあったオブジェが先週木曜から姿を消した。アジア大会の開催に合わせて昨年8月に作られたものだが、竹でできていたため強い日差しや雨風にさらされて老朽化が進み、撤去されたらしい。設置費用は5億5,000万ルピア(約452万円)、設置期間は1年弱だった。

撤去後初めて知ることになったその名は「バンブー・グティ・グタ」。地方語でグティが血、グタがゴムの樹液という意味らしく、インドネシア国旗にも象徴されている勇気(赤)と純血(白)の精神を表しているようだ。

ただ、デザインが抽象的すぎて最後までモチーフが何か分からずじまい。個人的にはアニメ映画にでてくるような巨大ワームを連想していたが、ちまたではヒマワリや巨人の石けんの泡などとささやかれていたらしい。想像力豊かな表現に触れ、自分の乏しい感性にがっかりした。(希)


関連国・地域: インドネシア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

救援機で帰還のミャンマー人、2千人余りに(15:58)

生保クレスナ、コロナ禍で保険金支払い延期(05/21)

日系車部品、自社製フェースシールドを寄贈(05/21)

国内スマホ販売、コロナ禍で前期比24%減(05/20)

4月の新車販売確定値、コロナ影響で9割減(05/20)

日産が世界2万人削減視野、国内拠点再編も検討(05/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン