• 印刷する

テイクオフ:動画配信アプリ「Tik…

動画配信アプリ「Tik Tok(ティックトック)」がインドで物議を醸している。電子・情報技術省が現在、運営者の中国企業に対して、データをどのように集めているのか、安全な利用に向けて子供と親にどのように注意喚起しているかを尋ねている。市民団体などから、炎上動画の投稿をはじめ誤った使われ方が広がっているとの声が寄せられたためだ。

アプリ市場を専門とする調査会社センサー・タワーによると、インドではこれまでに3億人近くがティックトックをダウンロードした。政府は、誰もが自由に動画を投稿できるという特性を取り締まることはできないため、この種のアプリはインドのように多文化・多宗教の国々では市民の間で緊張を高める恐れがあると懸念している。

先日は、特定のコミュニティーを憎悪する動画を投稿したユーザーが、警察に逮捕される事態が起きている。(虎)


関連国・地域: インド
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン新都市、電力とガス供給事業者決定(13:21)

テイクオフ:オフィスの休憩室にある…(08/22)

スズキが高級MPVを発売 需要喚起、SUV顧客も囲込みへ(08/22)

車の販売不振、プネ工業地帯の50万人に影響も(08/22)

マヒンドラ物流部門、VWとの提携強化(08/22)

ジェット発着枠の割当、12月まで期限延長(08/22)

DBS銀、20年にクレジットカード事業参入(08/22)

ワンプラスのTV、来月インドで先行発売(08/22)

ステイト銀、祭事期は車ローンに低金利(08/22)

タタモータータイ、組立終了も販売は継続(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン