• 印刷する

維達会長、TVBでのCM継続「影響ない」

香港上場の中国本土製紙大手、維達国際(ビンダ)の李朝旺会長はこのほど、香港の地上波テレビ局、電視広播(TVB)などでのCMを継続する方針を示したことで批判が集まった問題について、「今のところ影響はない」との認識を示した。19日付明報などが伝えた。

維達は13日、「逃亡犯条例」改正を巡る報道姿勢が香港政府寄りとの指摘があるTVBなどでのCM放送について「今後も続けていく」と発表。これを受け、ネット上では維達の主力製品であるティッシュペーパーの不買を呼び掛ける声が相次いだ。

TVBを巡っては、大塚製薬の香港現地法人が近く放送予定だった健康飲料「ポカリスエット」のCM中止を決定。大塚製薬は放送中止に至った経緯について「ビジネス上の判断であり、政治的な意図はない」と説明している。


関連国・地域: 中国香港日本
関連業種: その他製造メディア・娯楽

その他記事

すべての文頭を開く

「景気後退のリスク高い」 財政長官、警戒姿勢強める(08/23)

東亜銀、社会不安による経済圧迫を警告(08/23)

反落、政情不安懸念で売り=香港株式(08/23)

「人間の鎖」活動は39駅で、通行妨害せず(08/23)

デモ支持の壁で事件多発、警察が注意喚起(08/23)

商社ノーブル、LNGとレアアースに注力(08/23)

対話プラットフォーム構築へ、24日に会議(08/23)

長実、傘下ホテル従業員に無給休暇要求か(08/23)

シャングリ・ラ、19年中間決算は25%減益に(08/23)

ヘンダーソン、香港リスクを注視(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン