• 印刷する

川重主導の水素事業、液化プラント建設開始

オーストラリア・ビクトリア(VIC)州モーニングトン半島のへースティングス港で19日、川崎重工業が主導する水素プロジェクト「ハイドロジェン・エナジー・サプライ・チェーン(HESC)」の液化パイロットプラントの建設が始まった。同州ラトローブバレー産の褐炭から水素を生成して日本へ輸出するプロジェクトで、2020~21年の輸送試験の開始が予定されている。オーストラリアンなどが伝えた。

同プロジェクトに対しては、連邦政府とVIC州政府がそれぞれ5,000万豪ドル(約38億円)を拠出。プロジェクトの総費用は最高で5億豪ドルに上る見込みだ。

ラトローブバレーで採掘された褐炭は、エネルギー大手AGLエナジーが保有するVIC州ロイ・ヤン火力発電所のガス精製設備に送られ、水素を抽出した後、加圧してへースティングス港にある鉄鋼大手ブルースコープ・スチールの施設にトラックで輸送。マイナス253度に冷却して液化した後、船で日本に輸出する。

同プロジェクトには日本側から、川重のほか、Jパワー(電源開発)と岩谷産業、丸紅のコンソーシアム(企業連合)が参画する。

キャナバン資源相は、同プロジェクトがオーストラリアの新たな産業を創出するための重要な一歩だと主張。実証試験が成功すれば、年間で20億豪ドル規模の産業が生まれる可能性があると述べている。


関連国・地域: オーストラリア日本
関連業種: 自動車・二輪車建設・不動産運輸天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

香港への統制強化、米国務長官報告書が指摘(05/30)

テイクオフ:新型コロナの感染を防ご…(05/29)

1Q設備投資、11年ぶり低水準 新型コロナが民間企業直撃(05/29)

信頼される豪ブランドにバニングス、トヨタも(05/29)

豪の渡航解禁先、7月からNZと太平洋諸国か(05/29)

〔政治スポットライト〕NSWとQLD対立、越境合意更新できず(05/29)

連邦制度改革、首長連絡会議の継続次第か(05/29)

〔政治スポットライト〕中国、今度はLNG輸入削減を示唆(05/29)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン