首都の市バス運営改善、日本が支援を延長

日本の国際協力機構(JICA)は22日までに、ラオスの首都ビエンチャンのバス公社の運営改善を支援するプロジェクトを、2020年2月末まで延長することでラオス側と合意した。バスの定期運行や収支に改善の兆しがみえる公社を後押しし、改革の基盤を固める狙い。運賃のキャッシュ…

関連国・地域: ラオス日本
関連業種: 自動車・二輪車運輸IT・通信マクロ・統計・その他経済政治社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

車タンチョン、上半期はCLMV好調で増収(08/23)

観光相がバス事故の中国人負傷者を慰問(08/23)

エネ相、地域での再生可能エネ活用を推進(08/23)

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

労働需給のミスマッチ解消が失業解決の鍵(08/21)

首都郊外にランサン文化公園が着工(08/20)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン