チン州政府、電化率向上へ水力発電を推進

ミャンマーで最も開発が遅れている北西部のチン州政府が、電化率の向上へ水力発電事業の推進に力を入れる方針を明らかにしている。ミャンマー・タイムズ(電子版)が17日伝えた。 州政府は今月初め、中国企業1社と、州都ハカ、およびマトゥピ、タンラン、パレワの3郡区における…

関連国・地域: 中国ミャンマー欧州
関連業種: 建設・不動産電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

ヤンゴン新都市、電力とガス供給事業者決定(13:21)

スー・チー氏が特区を初訪問 「成果は誇り」、日本に感謝(08/22)

ロヒンギャ帰還、国連と難民が懸念(08/22)

長田広告、地場同業と10月合弁設立(08/22)

ロヒンギャ22日にも帰還か、2年ぶり(08/22)

旭日電気工業、ヤンゴンで駐在員向け賃貸業(08/22)

武装勢力が爆破の橋、仮設橋完成で通行再開(08/22)

電力省、石炭火力発電の継続を明言(08/22)

非公開収益の税率引き下げ案、賛否分かれる(08/22)

「国軍と関係」企業、グーグルなども追加(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン