屋根設置型太陽光、事業者が相次ぎ撤退へ

インドで、設計・調達・建設(EPC)方式の屋根設置型太陽光発電事業からの撤退が相次いでいる。業界筋によると、12社余りが既に撤退の危機に追い込まれている。ファイナンシャル・エクスプレス(電子版)が18日に伝えた。 政策の変更などを背景とした運転資金不足が原因とみら…

関連国・地域: インド
関連業種: 電機電力・ガス・水道マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:北部パンジャブ・ハリヤ…(12/11)

11月車販売は4%減の33万台 13カ月連続減少、下げ幅は鈍化(12/11)

11月の二輪販売14%減、12カ月連続マイナス(12/11)

タタ自が販売店を100店舗増強、3月末まで(12/11)

ホンダ、新排ガス規制対応「シティ」発売(12/11)

ミシュラン、乗用車向け新タイヤを来年発売(12/11)

首都第2空港、チューリヒ空港が整備へ(12/11)

エアアジアに資金注入、事業拡大へ(12/11)

ガソリンが75ルピーに値上がり、1年ぶり(12/11)

印ホテル大手オヨ、通信テレコムと提携(12/11)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン