• 印刷する

清掃ロボットベンチャー、300台の納入契約

業務用の自動清掃ロボットを開発するシンガポールのベンチャー企業ライオンズボット・インターナショナルは17日、新型ロボットを含め国内で計300台の納入契約を交わしたと発表した。シンガポールのほか、日本を含む海外への出荷も見込んでおり、将来的には500台の出荷を目指す。清掃業界で人手不足が深刻化する中、自動清掃ロボットの提供で業務効率化に貢献したい考えだ。

自動清掃ロボットを紹介するライオンズボットのディラン・ウン共同創業者兼CEO(中央)=17日、シンガポール湾岸部(NNA撮影)

自動清掃ロボットを紹介するライオンズボットのディラン・ウン共同創業者兼CEO(中央)=17日、シンガポール湾岸部(NNA撮影)

ライオンズボットは2018年2月設立。シンガポールで業務用自動清掃ロボットを開発・製造しており、床のモップ掛けや洗浄、バキューム清掃、清掃機器のけん引など多様な機能を持つ自動清掃ロボットをそろえる。

ロボットの量産体制を整えており、シンガポール工場の月産生産台数は100台。17日には地場清掃サービス会社4社と計200台のロボットのレンタル契約を締結したと明らかにした。契約台数は1社当たり50台。10月から段階的に清掃ロボットを納入する。

ライオンズボットはこのほか、地場清掃サービス会社2社から計100台のレンタル契約を獲得している。今年4月には出荷の第1弾として、現代美術館ナショナル・ギャラリー・シンガポールと、チャンギ空港の大型商業施設「ジュエル・チャンギ・エアポート」でそれぞれ1台が稼働した。

これまでに契約締結した6社は、公共スペースや病院、工業施設、オフィスなど幅広い場所で清掃サービスを提供している。

ライオンズボットのディラン・ウン共同創業者兼最高経営責任者(CEO)によると、今後、地元清掃サービス会社との契約がさらに増える見込み。年内には日本やオーストラリアの販売代理店とも契約を締結する予定で、納入目標の500台にはこうした見込み案件も含まれる。

ライオンズボットの自動清掃ロボットは、スマートフォンのアプリで簡単に操作でき、音が静かで節水効果やエネルギー消費効率も高いのが特徴。既存の清掃ロボットと比べて7割の節水効果が見込める。複数のロボット同士を連携させて作業することも可能。「清掃が終わった」などと音声メッセージを発することもでき、英語、中国語、タミル語、マレー語の4つの公用語のほか、日本語などにも対応する。一回の充電による稼働時間は4~20時間で、業界で最も長い商品の一つという。

ロボットは販売しておらずレンタル契約のみで、料金は月1,350~2,150Sドル(約11万~17万円)、最低契約期間は3年。サブスクリプション(定額制)サービスで清掃ロボットを提供する企業は世界でも珍しいという。

ウンCEOは「当社はシンガポールで唯一、(外資系を除いて)清掃ロボットの製造を手掛ける企業。ロボット開発には500万Sドルを投じた。自社エンジニア数は現在の35人から将来的には50~60人に増やしたい」と話した。

17日には、既存の自社ロボットに比べてより広範囲の清掃ができる新シリーズ「レオポット・ファミリー」もお披露目した。洗浄やバキューム、床磨き、カーペット清掃といった機能があり、ショッピングモールなどでの利用を見込む。来年3月の発売予定。新シリーズを含めて現時点で開発したロボットは13種類となる。

生産性向上を目指すシンガポール政府はライオンズボットの清掃ロボットに注目しており、新シリーズのお披露目会にはコー・ポークーン上級国務相(貿易産業担当)らが出席した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: その他製造IT・通信

その他記事

すべての文頭を開く

自宅待機措置の対象者、日系企業で3割超(20:31)

在宅勤務未実施の企業、業務停止命令も(22:36)

新型コロナ簡易検査キット、地場企業が開発(21:42)

道路通行料、4月6日から引き下げ(19:41)

スマホ位置情報での感染監視、豪は不支持(19:10)

通信最大手、寄付金などで社会支援(20:34)

人材派遣コプロ、現法設立(19:50)

テイクオフ:ソーシャルディスタンス…(03/31)

コロナ終息に「数年かかる」=リー首相(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン