日本企業は自発的に賠償を、代理人弁護士ら

【ソウル共同】韓国人の元徴用工や元朝鮮女子勤労挺身隊員の代理人弁護士らが16日、ソウルで記者会見し、韓国最高裁で敗訴が確定した日本企業が判決を尊重し、自発的に賠償を行うよう求めた。企業資産の売却は、日本政府による半導体材料の輸出規制強化とは関係なく「当事者(元徴…

関連国・地域: 韓国日本
関連業種: 政治


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:教室で子どもたちが絵を…(06/02)

コロナ禍で輸出24%減 自動車が大幅減、長期化を懸念(06/02)

新型コロナ感染者、35人増の1万1503人(06/02)

マスク販売の5部制廃止、いつでも購入可能(06/02)

遊興施設にQRコード、10日から正式開始(06/02)

LGイノもオンライン、車用LED売り込み(06/02)

双竜自、ソウル九老のサービスセンター売却(06/02)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン