• 印刷する

《日系進出》マツモトキヨシ、香港に現地法人

ドラッグストア大手、マツモトキヨシホールディングス(HD)は16日、香港でのドラッグストア事業の展開を目的とした現地法人を開設すると発表した。具体的な事業展開については明らかにしていないものの、タイや台湾で先行して行っている海外事業の拡大を図ると説明している。

マツモトキヨシHDの広報担当者は、香港での具体的な出店計画について「現時点で確定していない」と説明した。海外事業の拡大に当たって香港に目を付けた理由としては、日本の店舗を訪れる外国人客のうち、香港人が国・地域別で上位に入っていることを挙げた。

今後は、海外の市場調査を目的に同HDの社長が設立したマツモトキヨシ香港の全株式を取得し子会社化する。取引は月末に完了する予定で、同社が香港でのドラッグストア事業を担うことになる。

マツモトキヨシHDは香港市場について、日本と同様に少子高齢化の傾向がみられ成熟しており、競争環境は厳しいと指摘。一方で、美容と健康への意識が高い住民が多く、日本の化粧品、健康食品を中心とした需要が見込まれると説明した。

マツモトキヨシHDは2015年10月、ドラッグストア「マツモトキヨシ」の海外1号店をタイの首都バンコクでオープン。昨年10月には台湾に進出した。6月末時点でタイで33店、台湾で3店展開している。


関連国・地域: 香港台湾タイ日本
関連業種: 医療・医薬品小売り・卸売り

その他記事

すべての文頭を開く

GDP予測、引き下げ相次ぐ 外資金融、通年でマイナス成長も(08/22)

香港の英領事館職員を拘束、中国(08/22)

深センと香港、経済・人材など4分野で競合(08/22)

科技大、スタートアップ支援基金を設立(08/22)

小反発、本土不動産銘柄に買い=香港株式(08/22)

SFCとICAC、金融犯罪対策で協力強化(08/22)

上場企業秘書役の資格条件、緩和案が物議(08/22)

7月の訪日香港人4.4%減、再びマイナスに(08/22)

香港の混乱、マカオのカジノに影響(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン