• 印刷する

テイクオフ:支払いのほとんどがスマ…

支払いのほとんどがスマートフォン決済で済む中国ではせいぜい万が一に備えての存在に過ぎない財布が、日本では依然として必携品だ。現金自動預払機(ATM)で現金を引き出しては財布に補充するも、羽が生えたようにどんどんなくなっていく。

喫茶店で軽食を食べた後、現金で支払いながら、「中国なら当然スマホで払うところだよなあ」という思いが心をよぎる。日本でもようやくスマホ決済普及に向けた機運が高まってはいるものの、アプリの乱立が大きな課題だ。「微信支付(ウィーチャットペイ)」と「支付宝(アリペイ)」の寡占状態にある中国の方がはるかに便利なことを痛感する。

そんな中、徐々にとはいえ日本にもウィーチャットペイやアリペイが使える商店や飲食店が出現してきた。そのうち試してみよう。日本人がウィーチャットペイで払うと驚かれるかな。(蓬)


関連国・地域: 中国-全国日本
関連業種: 金融IT・通信社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

ムセで発熱の2人、新型肺炎の感染はなし(18:41)

中国渡航者、最大14日の在宅勤務勧告(19:43)

新型肺炎、新たに3人の感染確認(22:00)

〔政治スポットライト〕豪NZ、武漢の自国民救出作戦を共同実施(16:44)

1週間後にピークか、中国感染症の権威(13:02)

企業への休業延長指示、各地に広がる(11:41)

習主席がWHO事務局長と会談(10:24)

肺炎死者132人、累計感染者はSARS超過(10:21)

ホンダの武漢工場も操業再開を延期か(21:52)

トヨタ中国工場、操業再開は2月10日以降に(21:51)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン