• 印刷する

通年の経済成長率0.7%、DBS銀が予測

シンガポールの金融最大手DBSグループ・ホールディングスのエコノミストは15日、シンガポールの通年の実質国内総生産(GDP)の成長率の見通しを、前年比0.7%へと大幅に引き下げた。4月に発表した予測値は2.6%だった。製造業の不振が続くほか、サービス業も減速するとみている。

DBSのシニアエコノミスト、アービン・セア氏は、「製造業のGDPは既に3四半期連続で前年同期比でマイナスとなり、テクニカル・リセッション(景気後退)入りしている」と指摘。中国経済の減速、米中貿易戦争の影響を受け、今後も製造業生産高は減速するとの見通しを明らかにした。

同氏は「サービス業も大きな懸念だ」と強調。銀行貸出残高の伸び率が減速しており、金融サービス分野の低迷が予測できるほか、再輸出や国内港湾のコンテナ取扱量も減少しているためという。サービス業はこれまで安定成長を続けてきたが、減速すればGDPの成長を押し下げるだけでなく、労働市場にも影響を及ぼすと付け加えた。

シンガポールの貿易産業省が12日発表した4~6月期のGDP成長率は前年同期比0.1%だった。セア氏は「7~9月期に回復を見せたとしても、4~6月期の大幅な減速を相殺するには至らない。19年のGDP成長率は、2009年の前年比0.2%以来の低水準となるだろう」との見解を示した。


関連国・地域: シンガポール
関連業種: マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:一緒に暮らす義母が、毎…(06/15)

アジアの海洋保全促進へ ADBと中国処理大手が提携(06/15)

7~9月の企業景況感、2四半期連続プラス(06/15)

豪、日独シンガポールと水素産業協力を進展(06/15)

米シティ現法、中小企業向けサービスを終了(06/15)

飲食業の料理宅配支援策、1カ月延長(06/15)

鴻海、半導体シルテラに間接出資(06/15)

ゴルフ会員権価格、引き続き上昇(06/15)

EV充電設備チャージ+、現地企業と提携(06/15)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン