• 印刷する

フークル、台湾茶「山林ソウ木」を日本出店

外食事業を展開するフークル(東京都港区)はこのほど、台湾のドリンク専門店「山林ソウ木(サンリンソウキ、ソウ=屮が2つ)」の日本1号店を、7月31日に大阪市北区梅田の商業施設「阪神梅田本店」1階にオープンすると発表した。

茶葉やタピオカは台湾産を使用。「タピオカミルクティー」(Mサイズ:480円)や「タピオカ烏龍ミルクティー」(Mサイズ:530円)、「タロイモミルク」(Mサイズ:480円)、「冬瓜糖ミルク」(Mサイズ:480円)などをそろえる。

山林ソウ木の創業者は、「高品質でおいしく、バリエーション豊富なティードリンクを日本の消費者に届けたい」とコメントした。

バラエティーに富んだ商品ラインアップを特徴とする山林ソウ木のドリンク(フークル提供)

バラエティーに富んだ商品ラインアップを特徴とする山林ソウ木のドリンク(フークル提供)


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: 食品・飲料サービス

その他記事

すべての文頭を開く

鴻海の19年純益11%減、6年来の低水準(19:53)

新型コロナの感染者、322人に(17:10)

テイクオフ:台北市の歓楽街、林森北…(03/31)

【肖像】細胞自動培養で肺炎治療に光 博訊生物科技の秘心吾博士(03/31)

TSMC、3ナノの試験生産を延期へ(03/31)

PC2社、印で製品値上げか=需給逼迫で(03/31)

ゴゴロのシェアサービス、台南に進出(03/31)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン