• 印刷する

6月の新築住宅価格、上昇は63都市に減少

中国国家統計局が15日発表した全国70都市の6月の新築住宅価格(低・中所得者向け住宅「保障性住宅」を除く販売用住宅)は、前月比で63都市が上昇、5都市が下落、2都市が横ばいだった。上昇都市は前月の67都市から4都市減少した。

上昇幅が最も大きかったのは河南省洛陽の2.5%。下落幅は湖北省宜昌の0.4%が最大だった。主要都市では北京が0.1%下落した一方、広東省深センは0.5%、天津は0.4%、上海と広東省広州はそれぞれ0.3%上昇した。

前年同月比では70都市全てが上昇した。上昇幅が最も大きかったのは陝西省西安の25.2%だった。

70都市の中古住宅価格は、前月比で45都市が上昇、20都市が下落、5都市が横ばいだった。上昇都市数は前月から10都市減少。上昇幅が最も大きかったのは江蘇省無錫の1.4%、下落幅は宜昌の0.8%が最大だった。

前年同月比では68都市が上昇、2都市が下落した。上昇幅は内モンゴル自治区フフホトの23.7%が最大、下落幅は広州の1.5%が最も大きかった。


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 建設・不動産マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

新型コロナウイルス肺炎、政府が警戒強化(01/24)

新型肺炎、市場はまだ静観 流行長期化すれば経済に打撃(01/24)

武漢で邦人が重い肺炎=日本大使館(01/24)

新型肺炎で当局は行政指導、日本は警戒上げ(01/24)

企業に出張自粛広がる、新型肺炎(01/24)

武漢が交通機関停止、中国の感染者571人に(01/24)

シビル、大型インフラ受注で年商180億円へ(01/24)

空港で水際対策強化、新型肺炎の拡大受け(01/24)

香港の中国化進めば追加格下げも、フィッチ(01/24)

マランパヤガス田、19年の生産量は微増(01/24)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン