• 印刷する

テイクオフ:周囲は傘、傘、傘でなか…

周囲は傘、傘、傘でなかなか前に進めない――。久しぶりに上海市中心部の商業エリア、南京路周辺に足を運ぶと、雨天にもかかわらず大勢の人であふれていた。外国人だけでなく、中国各地からと思われる観光客も多い。夏休みのせいかもしれないが、観光地としての上海の魅力は、梅雨ごときでは揺るがないようだ。

国家統計局は15日、第2四半期(4~6月)の経済成長率を6.2%と発表した。前四半期から0.2ポイント失速し、米中貿易摩擦も一因に統計上は景気減速が進んでいる。

ただ普段の上海における暮らしからは、さして大きな変化は見て取れない。観光地は変わらずにぎわっているし、近所の焼き肉レストランでも高級和牛をほおばる地元客の姿が目立つ。

統計データと街中で目にする風景。この広い中国では森と木の両方を複眼で見る努力をしてみても、なかなか本質を捉えるのは難しい。(翠)


関連国・地域: 中国-全国
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

外商投資法の円滑施行へ、実施条例を制定(12:43)

北部でバスが谷底転落、中国人13人死亡(08/22)

在留資格取り消し倍増、技能実習19倍に=18年(08/22)

テイクオフ:オフィス近くでボーリン…(08/22)

東北振興のカギは人材誘致 李首相が現地視察で強調(08/22)

深センと香港、経済・人材など4分野で競合(08/22)

上半期のロボット市場42億ドル、世界の3割(08/22)

中華電信など大手、華為スマホの販売再開(08/22)

オンラインギャンブル、ライセンス発行中止(08/22)

アップル、中国製の有機ELパネル採用か(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン