• 印刷する

ヤマグチレッカー、スラバヤ市から3台受注

レッカー架装業者大手ヤマグチレッカー(横浜市)はこのほど、東ジャワ州スラバヤ市から小型レッカー車3台を受注した。9月に納車する。18日に首都ジャカルタ郊外で開幕する自動車展示会「ガイキンド・インドネシア国際オートショー(GIIAS)」にこのうち1台を展示する。ヤマグチレッカーは昨年、ジャカルタ特別州運輸局に小型レッカー車44台を納車、以来インドネシアで営業を本格化している。

スラバヤ市からの受注額は1台約18億ルピア(約1,400万円)。1月にはバリ州にも1台を納車した。

レッカー装置はいずれも、つり上げ能力8トンの米ミラーインダストリーズ製。トラックはいすゞの小型トラック「Nシリーズ(エルフ)」。西ジャワ州ボゴール県の提携地場企業の工場で架装する。

ジャカルタ運輸局からは、今年も12~44台を受注できる見込み。南スマトラ州パレンバン市や西ジャワ州バンドン市などからも問い合わせがあり協議している。ジャカルタの公共バス「トランスジャカルタ」の運営会社や道路公団ジャサ・マルガからは、中~大型レッカー車の需要があると見込んでいる。

ヤマグチレッカーがスラバヤ市に納車するレッカー車。GIIASに展示する(同社提供)

ヤマグチレッカーがスラバヤ市に納車するレッカー車。GIIASに展示する(同社提供)


関連国・地域: インドネシア日本
関連業種: 自動車・二輪車その他製造

その他記事

すべての文頭を開く

アフリカ豚コレラ、国内で発生は確認されず(08/23)

ベトナム系配車が東南ア展開 ファストゴー「21年に域内3位」(08/23)

新興国で新しい研修「留職」 日本のNPO法人が派遣を支援(08/23)

労働法の改正進まず、権利侵害の恐れと労組(08/23)

中銀が5.5%に利下げ、2カ月連続(08/23)

首都移転先は東カリマンタン州、都市計画相(08/23)

コンクリ大手、首都移転に備え工場建設計画(08/23)

北カリマンタン州に国内最大の水力発電所(08/23)

首都空港第4ターミナル、設計入札2社通過(08/23)

エアバス機の輸入停止も、EUへの報復措置(08/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン