ピンク線の工事進捗率33%、21年10月開通へ

タイの首都電車公団(MRTA)のスラチェート副総裁は、モノレール方式の首都圏鉄道「ピンクライン」(バンコク北郊ノンタブリ県ケーライ―バンコク北東部ミンブリ)の工事の進捗(しんちょく)率が計画より5%遅れの33%だと明らかにした。開通は予定通り2021年10月の見通し。…

関連国・地域: タイ
関連業種: 運輸マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:毎朝、寝覚めに体重計に…(06/01)

減産で先行き不安、日系の自動車関連企業(06/01)

制限緩和第3弾、きょう実施 マッサージ店や映画館が営業再開(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

新規感染者4人、海外からの帰国者(31日)(06/01)

労働許可証の保有者、緊急用件で入国許可も(06/01)

4月の外国人旅行者はゼロ、入国禁止措置で(06/01)

各地のビーチがきょう再開、制限緩和受け(06/01)

王宮が6月4日に再開、観光客受け入れ(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン