• 印刷する

《安全》デング熱の感染急増、広州税関が注意喚起

広東省広州市の広州税関はこのほど、今年に入ってから旅客によるデング熱の輸入症例が急増しているとして、注意喚起した。年初からこれまでに税関が確認した輸入症例は前年同期比2.2倍の129件で、このうち49件は6月に確認された。12日付南方日報が伝えた。

広州税関によると、デング熱は東南アジア地域で流行中。同地域は特に夏季休暇となるこの時期は中国からの旅行者が増える。税関は、旅行中は蚊に刺されない対策を講じるよう注意を呼び掛けている。

世界保健機関(WHO)などによれば、今年はアジアや南米などでデング熱が流行している。6月15日時点で、フィリピンやマレーシア、ベトナムでは前年同期と比べて2~3倍の感染事例が報告されているという。


関連国・地域: 中国-広東
関連業種: 医療・医薬品観光社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

米中摩擦で医療機器業界に恩恵、フィッチ(15:48)

9月の新築住宅価格、上昇は53都市に減少(14:46)

テイクオフ:アパートの駐車場に、左…(10/21)

豪ガソリン輸入、米国から急増 主要調達先の市価上昇で(10/21)

3Q成長率は6.0%に減速 最低更新、目標達成へ正念場(10/21)

聯発科技董事長、「5G・AI領域強化」(10/21)

9月の鉱工業生産5.8%増、単月は伸び拡大(10/21)

【マーケット情報】商品市況・為替・株式(2019年10月18日時点)(10/21)

3Qの設備稼働率76.4%、前期から横ばい(10/21)

ムセのタマネギ輸出が増加、中国で需要増(10/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン