第3の国民車、英国がカザナと提携に前向き

マレーシアを訪問した英ロンドン金融街シティーの行政長(ロードメイヤー)ピーター・エストリン氏は、マハティール首相が打ち出した「第3の国民車」構想について、英国企業が政府系投資会社カザナ・ナショナルと提携する用意があると表明した。国営ベルナマ通信が11日に伝えた。…

関連国・地域: マレーシア欧州
関連業種: 自動車・二輪車電機マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

5月の製造業PMI、持ち直すも生産不振(15:57)

第12次5カ年計画の審議、来年1月に延期(14:26)

テイクオフ:中学時代は陸上部に入り…(06/01)

【ウィズコロナ】景気回復、各種制限が重しに 東南アジアのリスク・見通し(上)(06/01)

経済活動の100%再開を勧告へ 感染1桁台が1週間なら、保健省(06/01)

新規感染57人、外国籍は43人(06/01)

与党がマハティール氏ら除籍、国政不安定に(06/01)

RM1=24.7円、$1=4.35RM(5月29日)(06/01)

トイエイト、知育事業で資金調達(06/01)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン