• 印刷する

テイクオフ:集合住宅の管理組合から…

集合住宅の管理組合からメールが来た。共有場所に私物が多く置いてあるので、心当たりの住人はすぐさま撤収して欲しいとのこと。さもなくば、1,100豪ドル(約8万3,000円)の罰金を科すという。

撤収を要求される私物のリストには、わが家が玄関横に仮置きしていた段ボール箱も入っていた。たかが段ボール箱に1,100豪ドルも払わされては大変と、夜中だったが慌てて家の中に引っ込めた。そして翌朝、共有場所からは、放置されていた数台の自転車はじめ、私物は一切消えていた。1,100豪ドルが威力を発揮したようだ。

ところが最近、共有場所にはまた自転車が並び置かれるようになった。あのメールは脅しに過ぎなかったのか。いや待てよ、今度は隙を突いて2倍くらいの罰金を本当に科すかもしれない。状況を声を潜めて見守っている。(康明)


関連国・地域: オーストラリア
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:最近首の周囲が赤くなり…(08/22)

医保加入割合、過去12年最低 保険料の上昇は顕著(08/22)

労働協約の承認期間、半年で半減の1カ月に(08/22)

豪準備銀、「世界経済不調なら追加利下げ」(08/22)

豪の軍備拡張、経済効果は過大評価=報告書(08/22)

ネット販売コーガン、退職年金市場に進出(08/22)

JDスポーツ、服飾販売グルーを売却か(08/22)

豪が世界12位、有害な二酸化硫黄の排出量(08/22)

東電などのLNG輸入、容量倍増で稼働遅延へ(08/22)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン