• 印刷する

石油大手ペトロン、リマイ製油所拡張を延期

フィリピンの石油元売り大手ペトロンは、運営する国内最大規模のバターン州リマイ製油所の拡張計画を、原油の国際価格が安定するまで延期すると明らかにした。地元紙ビジネスワールドなどが伝えた。

同社は5月、向こう3年で国内とマレーシアの設備投資に10億米ドル(約1,080億円)を投じ、うち約6億米ドルをリマイ製油所のボイラー新設に充てると公表していた。

これについて、ペトロンのラモン・アン社長は9日、原油価格の変動に加えて、中小業者が販売する安い石油製品が元売り企業に打撃を与えていると説明。安い製品が出回る背景には、2018年の物品税引き上げによる石油製品の密輸横行があるとの見方を示した。

ペトロンの19年1~3月期決算は、売上高が4%減の1,246億ペソ、純利益が78%減の12億ペソ余りだった。通年の純利益は80~90億ペソ程度になる見通し。

同社は現在、国内とマレーシアで3,000カ所余り(うちマレーシアで650カ所余り)の給油所を展開しており、22年までに6,000カ所への拡大を計画している。


関連国・地域: マレーシアフィリピン
関連業種: 自動車・二輪車天然資源マクロ・統計・その他経済

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:知らぬ間にマスクの価格…(08/10)

コロナ感染者、東南ア最多に 政府は否定、検査数で大差(08/10)

コロナ感染新たに3109人、計12万9913人(08/10)

アビガン治験近く開始、保健省(08/10)

比人の配偶者、入国にビザ必要=入管(08/10)

国巨の7月売上高2倍に、米同業の買収効果(08/10)

コロナ陽性者の隔離部屋、企業に設置義務(08/10)

政府、優先インフラ8事業を棚上げ(08/10)

今年の新車市場40%減に、自工会(08/10)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン