• 印刷する

テイクオフ:台湾人の妻の実家でテレ…

台湾人の妻の実家でテレビを見ていると、日本の参院選に向けた選挙戦の様子を伝えるニュースが映った。政治報道が好きな義父はそれを興味津々な様子で見た後、「日本の選挙戦は静かでいい」と一言。

確かに日本の選挙戦といえば、テレビ討論会などメディアを通した活動以外は、選挙カーを使った街頭演説などが中心で、聴衆は数十人から数百人。一方、台湾の政治家は広場や大通りを貸し切った上で、数万人規模を動員する決起集会を開くことが多い。だが、芸能人を積極的に登壇させるなどショー化が進んでおり、中身が政治から乖離(かいり)している面もある。

義父はそのことに触れ、「台湾の政治家はただのイベントプロデューサー」とやゆする。日本では選挙戦が盛り上がらないことを嘆く論調が多いが、台湾では逆に「盛り上がり過ぎる」と懸念する声もあるようだ。(陳)


関連国・地域: 台湾
関連業種: 政治社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

AI活用のバーチャル試着、元智大が開発(12:09)

テイクオフ:ふたを開ければ、韓国瑜…(07/18)

19年のGDP成長率2%に 中経院、予測値を下方修正(07/18)

ラーガン、車載用レンズ市場から撤退か(07/18)

長天科技、業績不振で全従業員を解雇へ(07/18)

ヤゲオ高雄工場で40人解雇、違法の可能性も(07/18)

TSMC新竹工場の都市計画変更、政府承認(07/18)

シャープが賞与年4回検討、短期の成果と連動(07/18)

ギョク登、FBのWiFi認証に参加(07/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社エヌ・エヌ・エーは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン