• 印刷する

建設メガワイド、新規契約200億ペソ見込む

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションは、2019年に約200億ペソ(約420億円)相当の新規契約を見込んでいる。2018年に低調だった建設事業が回復傾向にあり、この流れが続くとの見方を示している。

今年1~6月に獲得した建設事業の新規契約は7件に上り、金額ベースでは98億ペソ相当だった。住宅、オフィスビル、商業施設などで契約を目指している。

純利益に占める建設事業の比率を見ると、18年は45%で、残りの55%は空港運営などが占めている。19年には建設事業の比率が50%を超える見通しだ。

セブ州のマクタン・セブ国際空港(MCIA)の運営も好調に推移する見通し。マクタン・セブ国際空港公団(MCIAA)によると、1~4月のMCIAの利用者数は前年同期比14%増えた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

日系航空が運航継続、地場勢は運休延長(04/08)

新型コロナ感染者3870人に、死者は182人(04/08)

金宝電子、海外3拠点で医療物資生産(04/09)

【プロの眼】アジアで相次ぐ携帯キャリア参入  「無料」「協争」で推進(04/09)

【グラフでみるASEAN】新車販売(2月) 前年同月比3%減、タイ・インドネシアの低迷響く(04/09)

テイクオフ:「まだ若いから何とでも…(04/08)

航空各社が苦肉の人件費削減 東南ア、相次ぎ減給・無給休暇(04/08)

外出制限、月末まで延長 感染拡大防止へ効果見極め(04/08)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン