• 印刷する

建設メガワイド、新規契約200億ペソ見込む

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションは、2019年に約200億ペソ(約420億円)相当の新規契約を見込んでいる。2018年に低調だった建設事業が回復傾向にあり、この流れが続くとの見方を示している。

今年1~6月に獲得した建設事業の新規契約は7件に上り、金額ベースでは98億ペソ相当だった。住宅、オフィスビル、商業施設などで契約を目指している。

純利益に占める建設事業の比率を見ると、18年は45%で、残りの55%は空港運営などが占めている。19年には建設事業の比率が50%を超える見通しだ。

セブ州のマクタン・セブ国際空港(MCIA)の運営も好調に推移する見通し。マクタン・セブ国際空港公団(MCIAA)によると、1~4月のMCIAの利用者数は前年同期比14%増えた。


関連国・地域: フィリピン
関連業種: 建設・不動産運輸観光

その他記事

すべての文頭を開く

国営建設子会社、プレコンの生産能力拡大へ(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(21日正午) 韓国の感染者156人に、3日間で5倍(02/22)

通信ディト、事業開始21年に 基地局整備遅れ、品質を重視(02/21)

(表)各国・地域の新型肺炎感染者数(20日正午) 韓国の感染者82人に、2日で51人増(02/21)

税制改革第2弾、上院歳入委が承認(02/21)

政府支出25%増、噴火と新型ウイルス対策で(02/21)

貿産相、EUの「人権懸念」に反論(02/21)

ブラカン空港の着工遅れ、政府は問題視せず(02/21)

エネ省、石油会社に顧客データの提出要求(02/21)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン