• 印刷する

テイクオフ:近所の中華まん屋に足を…

近所の中華まん屋に足を運んだ。本場の味わいと手頃な価格で、シンガポール人にも観光客にも人気の老舗。「待ち時間も苦にならない」と思い、迷わずオーダー待ちの列に並んだ。

「あと一人で自分の番だ」。胸を躍らせていると、何やら手前の若い女性が注文に難儀している様子だ。手には、くしゃくしゃに握られたメモ。かばんからは英会話の参考書が顔をのぞかせている。語学留学中の学生のようだ。店員も状況を察してか、丁寧な英語で対応している。自身の留学時代と重なり、こちらまで思わず手に汗を握ってしまう。

無事に会計まで済み、周囲はほっと一息。しかし次の瞬間、安心した彼女は商品を忘れ、足早に店を立ち去ってしまった。店員が慌てて追いかけ、なんとか商品を渡せたようだ。店内にはしばらく中華まんの香りに混じって、ほんわかとした空気が漂っていた。(真)


関連国・地域: シンガポール
関連業種: 社会・事件

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:シンガポールでの新型コ…(02/25)

外国投資が過去2年で最大 1月に9億ドル、肺炎に懸念も(02/25)

【日本の税務】二重課税された給与について(02/25)

日中韓から入国後は自己観察 14日間、教育省は自宅待機要請も(02/25)

都市ホテル初の循環型農業 仏アコー、野菜3割自給へ(02/25)

(表)世界の新型肺炎感染者数(24日正午) 日本・韓国人らを経過観察対象に=タイ(02/25)

コアインフレ率、約4年ぶり低水準(02/25)

累計90人、新たに1人(24日正午)(02/25)

中国渡航の外国人、入国7割却下(02/25)

企業の中国工場、操業再開も苦境(02/25)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン