サムスンの2Q営業益5割減、半導体不振で

韓国のサムスン電子が5日発表した2019年4~6月期の連結決算(速報値)は、本業のもうけを示す営業利益が6兆5,000億ウォン(約6,000億円)で、前年同期比56.3%急減した。稼ぎ頭の半導体の不振が響き、60.2%減となった1~3月期に続く大幅減となった。 売上高は4.2%減の56兆…

関連国・地域: 韓国
関連業種: IT・通信


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:韓国のお盆に当たる秋夕…(09/17)

低空飛行の日韓路線(中) 地場に逆風、路線多角化で打開へ(09/17)

Thaco、起亜工場をアップグレード(09/17)

次期大統領、知日派がトップに=世論調査(09/17)

NNA創業30周年、東京で記念レセプション(09/17)

日韓改善へ首脳対話焦点、「機運なし」も(09/17)

TASECO、韓国ファンドに子会社株売却(09/17)

車部品イングレス、インドネシアで生産受注(09/17)

8月輸出額13.8%減、半導体と石油製品不振(09/17)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン