労働所得は上位10%が5割、世界的に格差顕在

【ジュネーブ共同】国際労働機関(ILO)は4日、2017年に世界の労働所得総額の48.9%を所得の高い上位10%だけで得ている一方、下位50%は同6.4%しか受け取っていないとする報告書を発表した。上位10%は1人当たり月額平均7,475ドル(約80万6,000円)を稼いでいたが、底辺の1…

関連国・地域: 日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

航空貨物運賃、高値維持へ 旅客輸送の再開本格化が鍵に(07/14)

入国緩和も煩雑な手続きに壁 許可証の申請難航、取得は限定的(07/14)

【ASEAN戦略】ニューノーマルの需要に焦点 オカムラ、在宅勤務や職場設備で(07/14)

香港ブックフェア延期を決定 貿易発展局、コロナ市中感染増で(07/14)

トヨタ1~6月の販売、32%減の2.6万台(07/14)

プロドゥア車、3~5月のネット検索で首位(07/14)

中国国境の新通関システム、来年導入へ研修(07/14)

事業選択とコスト減を徹底、ジェイテクト新社長(07/14)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン