民間9社が中国にツバメの巣販売、年45億円

インドネシア貿易省は4日、国内の民間企業9社が、中国の食品大手マオタイグループにツバメの巣を販売することで協力覚書(MOU)を交わしたと発表した。年間取引は計15トン、取引額は4,200万米ドル(約45億円)に上る見込み。 9社は東ジャワ州スラバヤ市のスルヤ・アフィエス…

関連国・地域: 中国インドネシア
関連業種: 食品・飲料


その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:菅義偉首相が10月に初…(11/27)

東京ガスが総額100億円出資 地場精製2社に、過去最大規模(11/27)

韓国CJグループ、年内にアミノ酸を生産(11/27)

ユニ・チャーム、生理用品の生産増強へ(11/27)

金融部門のオムニバス法、13本の法律改正(11/27)

石炭協会、来年は中国に15億ドル相当を輸出(11/27)

グラブ、バリでホンダの電動バイク運用(11/27)

ペリンド、首都新港の開発継続を表明(11/27)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

の記事は有料サービスご契約者様限定記事です。契約すると続きをお読みいただけます。契約されている方は、画面右側にある各種ログインからログインください。
無料トライアルはこちら
購読申し込みはこちら

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン