初司法取引のタイ贈賄、懲役1年6月を求刑

【共同】司法取引制度が初めて適用されたタイの発電所に絡む贈賄事件で、不正競争防止法違反(外国公務員への贈賄)の罪に問われた「三菱日立パワーシステムズ」(MHPS、横浜市)の元取締役内田聡被告(64)の公判が4日、東京地裁(吉崎佳弥裁判長)であり、検察側は懲役1年…

関連国・地域: タイ日本
関連業種: 運輸社会・事件


その他記事

すべての文頭を開く

東南ア「漁夫の利」輸出増 対米、家具カバンやタイヤに伸び(09/18)

テイクオフ:「これは私の贖罪(しょ…(09/18)

中東情勢に警戒、東南ア各国が対策検討(09/18)

8月の自動車生産は8%減 輸出向け不調、通年目標見直しも(09/18)

8月の車輸出20.5%減、オセアニア向け不振(09/18)

8月の産業景況感92.8、3カ月連続で下落(09/18)

チャチュンサオ県で住宅開発増、供給過剰も(09/18)

タイポリコンズ、チェンマイ大の施設を受注(09/18)

国道局と地方国道局、管轄の道路を一部交換(09/18)

LCCノックスクート、日本路線を拡充へ(09/18)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン