越鉄鋼に米課税、韓国ポスコは「影響なし」

ベトナムを経由して米国に輸出される韓国産と台湾産の鉄鋼製品に対し、米国商務省は最大456.23%の関税を課す方針を表明した。一方、この措置についてベトナムに現地法人を置く韓国鉄鋼大手のポスコは「当社に大きな影響はない」と話している。3日付韓国経済新聞などが伝えた。 …

関連国・地域: 韓国ベトナム米国
関連業種: 自動車・二輪車鉄鋼・金属IT・通信マクロ・統計・その他経済


その他記事

すべての文頭を開く

建機部品のアジア輸出拠点へ 伊藤鋳造鉄工所、新工場で加工も(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

車整備業の将来を解説、東京海上日動セミナー(09/23)

韓国自動車部品エスモ、北部に工場を開設(09/23)

ベトソブペトロ、高層住宅開発を中途放棄(09/23)

集合住宅の基準草案、最小25平方メートル(09/23)

熱延コイル関税、財務省が引き上げを撤回(09/23)

太陽光発電の新FIT価格案、全国一律に(09/23)

フィンマ、ベトナムのセメント会社に出資(09/23)

ビンタン第4火力発電所、拡張工事が完工(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン