• 印刷する

外国籍ホワイトカラー、日本人が25%で最多

台湾の労働部(労働省)統計処がこのほどまとめた域内の「外国専業人員」(外国籍ホワイトカラー労働者)に関する調査によると、2018年末時点で有効な就労許可証の所持者は延べ3万497人だった。男女比は男性が75%を占めた。国籍別では日本が最も多く、全体の約25%。聯合報が伝えた。

国籍別で2番目に多かったのは米国で、3番目はマレーシア。上位3カ国で全体の半数に上った。統計処によると、日本人と米国人はかねてより上位2カ国を独占しているが、マレーシア人については台湾の高等教育機関を卒業後、台湾に残って就職する人材が増えたことにより急増し、12年以降、カナダ人を抜いて3位となっている。

就労許可の職種別申請状況をみると、日本人とマレーシア人は大半が「専門的または技術的業務」で、米国人は「学習塾の語学教師」が最も多かった。

台湾政府が「新南向政策」(東南アジアやインドなどとの関係を重視する政策)を推進する中、同政策の対象国18カ国の人材は全体の33%に当たる延べ9,920人。国別ではマレーシアが最も多く、インド、フィリピンが続いた。職種は「専門的または技術的業務」が79%を占めた。

台湾では18年2月に「外国籍専門人員招へいおよび雇用法」が施行され、外国籍専門人材の台湾での就労許可、居留、健康保険、租税、退職金などの規制を緩和するといった優遇措置が取られている。


関連国・地域: 台湾日本
関連業種: マクロ・統計・その他経済雇用・労務

その他記事

すべての文頭を開く

テイクオフ:約2カ月ぶりに香港のデ…(09/23)

8月の輸出受注8%減に 全品目・市場がマイナス成長(09/23)

日東メディック、ミャンマーに点眼剤を輸出(09/23)

鴻海、米ウィスコンシン州で新投資計画(09/23)

聯発科技、20年1月に5G対応チップ出荷へ(09/23)

鉄鋼ブルースコープがカルテル強要=競争委(09/23)

再生ウエハーの昇陽、14億元で生産増強(09/23)

アイフォーン新モデル、販売3割増予想も(09/23)

8月のスマホ販売約1割減、サムスンが1位(09/23)

ゴゴロ、新北の駐車場に電池交換スタンド(09/23)

すべての文頭を開く

※本コメント機能はFacebook Ireland Limitedによって提供されており、この機能によって生じた損害に対して株式会社NNAは一切の責任を負いません。

NNAからのご案内

出版物

SNSアカウント

各種ログイン